タグ:米 ( 6 ) タグの人気記事
稲穂
今年の夏はにわか雨や雷が多く、なんだかいつもの夏と違っているようですね。

いちごは温暖化のせいか、なかなか育苗から手が離せない状態が続いています。

でも、いちごもなんとか努力に答えてくれているようです。


今、稲穂が育っています。

c0125320_21414069.jpg



ひのひかりともち米。違いが分かりますか?
c0125320_2154576.jpg



もち米は米より成長が遅く今から稲穂が垂れます。
c0125320_21555920.jpg


後少し10月中旬より収穫になります
[PR]
by kt-ichigoen | 2008-09-07 21:56 | 片平観光農園の米づくり
田植え
こんなに大きく育ちました。
c0125320_22472490.jpg

2日間で全部の田んぼに植えていきます。今年もよいお米が育ちますように・・・
c0125320_22474056.jpg

[PR]
by kt-ichigoen | 2008-06-21 19:45 | 片平観光農園の米づくり
稲が育ってます2
c0125320_0151516.jpg

すくすく育っています。
まだ根が小さいので水撒きで根が洗われないように、芽がもっと伸びるように、黒いネットをかけてあります。


c0125320_0151559.jpg

でも日光に当たると光合成をしようと葉が緑になっていきます。
c0125320_0151570.jpg

とっても気持ちよさそうに伸びてます016.gif
[PR]
by kt-ichigoen | 2008-06-09 00:15 | 片平観光農園の米づくり
稲が育っています
遅くなりましたが、稲の芽が出てきました。
種を湿してからしばらくほったらかしたので芽が出るか心配していたのですが・・・
種まきをしてから4日目にビニールをはいで見てみたらきちんと芽が出ていました。
c0125320_23491517.jpg

c0125320_23493091.jpg




しかも、一部は上の箱を持ち上げるほど。
すごい生命力ですね~026.gif
c0125320_23503451.jpg

[PR]
by kt-ichigoen | 2008-06-08 23:56 | 片平観光農園の米づくり
米の種まき
いちご狩りの農園でも販売しているお米。
今年もまた準備を始めましたのでご紹介します。
おばあちゃんがなくなる前に種籾を水につけて”湿して”いたのでお葬式の済んだ翌日急いで撒きました。長く水につけていると根や芽がでてしまうと撒く作業をするときにそれらが折れて苗が育たないためです。


苗床も一つ一つ手作業で土を入れて、容器内に芽が均等に生えるように平らにして土が動かないように少し押さえる作業をしてありました。
c0125320_054962.jpg


これが水に”湿して”いる状態です。泡がプツプツ上がってきています。
c0125320_001615.jpg


水を捨てて水気を切ります。
c0125320_013915.jpg


これを枡で量って作っておいた苗床に均等に撒いていきます。
c0125320_065339.jpg

今年は近所の方が道具を持ってきて手伝いに来てくれました。枠に米を当てて跳ね返りを利用して撒いていきます。
c0125320_093974.jpg


撒いた種に一度水を当てて地面に水平に種を寝かせます。これをしないと根が出るほうと芽が出るほうが反対になってしまったものは育たないのでいい苗が均等に出てきません。
c0125320_0125617.jpg


これに軽く土をかぶせてカビ菌が繁殖しないように殺菌剤をかけてまた摘みなおしてビニールをかぶせておきます。こうすると中に苗床の温度が上がり目が出やすい環境になるのです。
c0125320_0155689.jpg



今回はここまで。
[PR]
by kt-ichigoen | 2008-06-02 00:17 | 片平観光農園の米づくり
実りの秋
いちご以外に他に作っていないのですかとよく聞かれますが、
他にといえば、お米を作っています。

最近では、地元周辺(山の中の田舎なのですが…)でもお米さえも作る人も少なくなりつつあります。
その煽りを受けて自分たちより年配のかたが「もう作るのが大変やっで(なので)作ってくれんけー?(作ってくれませんか)」と言って尋ねてこられます。
今年はさらにかなりの面積が増え、昨年の2倍の収穫でした。
いちご狩りのほうでも毎年、売らせていただいてはいるのですが、なかなかの量なのでここでも紹介したいと思います。

  • 品種:ひのひかり(純新米)
  • 5㎏ 1,800円
  • 3㎏ 1,000円
    ※年間分としても商談させていただけます。その場合は冷蔵庫で一定の温度での保存をし、必要な分づつお渡しします。新米としては破格です。直販だからこそ。

    希望の方は農園の方までご連絡ください。
    ℡ 090-3323-8123 (夜間 099-274-6183)
    [PR]
  • by kt-ichigoen | 2007-10-25 22:17 | 片平観光農園の米づくり