タグ:いちごの時期 ( 6 ) タグの人気記事
あけましておめでとうございます
ブログを引っ越しました!新しいページは→こちら


あけましておめでとうございます040.gif
今年もどうぞよろしくお願いします058.gif




本日、1月2日より、いちご狩りがオープンしました。


今年はハウス内でくつろげるように、白いテーブルとイスをご用意しています。


これで、いちご狩りをされない方も、ハウス内でくつろげるようになりました。

お会計はこちらで。春先の暑い時に、日差しを防いでくれるブーゲンビリアも大きくなってきました。


今年も、甘くて大きいさつまおとめがなっています。
一度食べたら忘れられない片平観光農園のさつまおとめ、是非食べに来てください。お待ちしています。

[PR]
by kt-ichigoen | 2010-01-02 14:44 | いちご日記
初いちご
c0125320_13422287.jpg

いちごがなりはじめました056.gif
今年はさつまおとめはすこし遅れています025.gifいらっしゃるときに問い合わせをして下さい040.gif
いちごがりができるのは、1月2日からです。
[PR]
by kt-ichigoen | 2008-11-18 13:42 | いちご日記
すっかり夏の気温ですね
GWも終わり気付けば汗のにじむ夏の気温になってきましたね。042.gif
あんなにたくさんあったいちごもこの気温に負け気味です。
気温が上がるとイチゴ自体が熱せられて、痛みやすい状態になります。

片平観光農園では出来るだけ自然製品のものを使って病気や害虫を予防しています。
しかし、もうこの気温になると防ぎきれなくなってきます。
たとえば、スリップスという害虫が花につきます。この虫はイチゴの実になる黄色い部分を黒くして枯れさせたり、なんとか実になっものも茶褐色にしたり実の肌をカサカサにしたりします。
実になってしまうともういなくなるのですが、イチゴの商品価値を落としてしまいます。
(でもものすごーくおいしくなさそうなんですが、食べると不思議と美味しいんですけどね。)

農業の難しいところです。
[PR]
by kt-ichigoen | 2008-05-08 22:06 | いちご日記
1月2日片平観光農園 いちご狩りオープン★★★
いよいよ本日オープンしました!
オープン初日から足をお運びいただいた方々、ありがとうございました。
早速初日からお問い合わせの電話もたくさんいただきました。

ご来園の方々の中に南日本新聞のリビングかごしまの1月1日号に掲載されたのをみてご来園くださった方も多いようです。
先着順にいちごの苗のプレゼントをさせていただいておりますが、残り少なくなってきています。


人気のさつまおとめは、今年はなりが少なかったこともあり、早速本日で赤く色づいたものがさらに少なくなりました。

これから、ようやく出揃い始めた花やまだ青いいちごが来月中旬以降には赤く大きな実になるかと思います。またなりの状態はこちらでお知らせしていきたいと思います。


例年実った分ずつ週末にご来園者数がおおくなるので赤い実が多く外れる状態になります。
もし可能であれば、週中頃から土曜の午前中にご来園いただけるといいものがつめるかと思います。
それでも、無理な方でも週末もできる限りの対応はさせていただいておりますのでご安心ください。
もし、心配な方は一度お問い合わせの上、ご来園ください。
電話  090-3323-8123


今年も半年間、精一杯良いいちごを作ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
by kt-ichigoen | 2008-01-02 21:04 | いちご日記
いちごの出荷開始
ちらほら、いちごが生り始めました。
今日で市場への出荷を数回したところです。
早くも、いちご狩りの問い合わせを電話でいただいています。
まだ量が少なく、いちご狩りのできる状態ではないのでもうしばらくお待ちください・・・
c0125320_21172995.jpg
[PR]
by kt-ichigoen | 2007-12-03 21:18 | いちご日記
いちごの生る時期
いちごは冬から春にかけて生り、収穫します。

そもそもいちごは、果実のように一度実って終わりというわけではありません。
一番最初に生った枝が分かれ、その先に生る順に段々小さい粒になっていきます。
一番最初の実りを“一番花”といいます。一番花が終わると、次にまた新しい枝が出てきてまた順に小さくなっていきます。これを二番、三番とうちでは春過ぎの六番くらいまで繰り返して収穫します。

片平農園での最初の実りは、年の出来具合によって違いますが、早くて11月の末から遅くとも12月の頭からです。
この時期は自然にしていても生らないため、夏の間の育苗の管理から栽培方法に工夫をしています。
そのため、市場に出回る量も少なく、ある程度市場価格が上がります。それに実際にうちで生る量もすごく少ないため、いちご狩りはしていません。
そのため、いちご狩りは1月2日からしています。

旬はいつですかよく聞かれるのですが、冬から春にかけてと時期が長いです。
特徴としては、冬の時期は収穫できる量は少なく比較的 味や質よく粒が大きくて、春の時期は収穫できる量は多く比較的 味や質が落ち冬のような大きい粒はならなくなるというところでしょうか。
これは、最近は特に品種でも違いますが、生産者や気候、栽培方法などによっても変わってきます。

ですので、もし来られる場合は一度電話で今の状態を聞いていただけるといいなと思います。
[PR]
by kt-ichigoen | 2007-11-06 07:59 | いちごについて