<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いちごの実はどうやってできるのですか?
ブログを引っ越しました!新しいページは→こちら

いちごの実はどうやってできるのか?
いちごの実がなるまでを、写真入りで紹介したいと思います

034.gif1.いちごのつぼみ
枝の先につぼみがでてきます。


034.gif2.いちごの花
そして、花が開きます。真っ白な花びらです。
真ん中のところがめしべ、周りがおしべです。おしべの花粉がめしべにちゃんとつくと、きれいな形のいちごになります。花粉は自然の風やミツバチが運んでくれます。花粉がちゃんとつかなかったものは変な形のいちごになります005.gif


034.gif3.花びらが散ったあと
花びら散り、黄色い部分だけが残ります。


034.gif4.いちごの実(1)
だんだん膨れてきて、色も黄緑色になっていきます。種もはっきり見えるようになってきました。


034.gif5.いちごの実(2)
ここまでくると、いちごの形になってきました。


034.gif6.いちごの実(3)
そして、だんだん先のほうから赤くなってきます。


034.gif7.いちごの実(4)
額のところまで真っ赤になったら食べごろです。表面がてかてか光ってきたものが熟しています。


つぼみがでて、実になるまでの日数は品種と気温、日照時間によって異なります。
さがほのかは約40日、さつまおとめは約50日かかると言われています。
ただ、冬は寒くて日が短いので、日数がもっと長くなり、春は温かくて日が長くなってくるので、早くなります。
広いハウスの中では、たくさんの実がちょっとずつ、ずれて育っているので絶え間なくいちごがなっていきます。058.gif
[PR]
by kt-ichigoen | 2009-11-27 06:27 | いちご日記
冬支度
ブログを引っ越しました!新しいページは→こちら

ここ最近気温がぐっと下がってきて、朝晩はとっても寒かったですね057.gif
片平観光農園でも、そろそろ本格的に冬支度に入りました。
いちごは温度管理もしてあげることで、春になるはずのいちごを冬にならすことができます。
そのための暖房が下の写真の赤い機械です034.gif
人間が使っているものに例えたら、ファンヒーターのようなものです。

今日は機械の中のすすの掃除をしました。
これに排煙用の煙突と配管用のビニールのダクトをつけていきます。




今、さつまおとめは花がたくさん咲いています。
さがほのかはちらほら赤い実をつけてきました。下の写真はさがほのかです。
先日、鹿児島県の青果市場ではいちごの初せりもありました。
片平観光農園でも1月2日の開園に向けて準備をすすめています。


[PR]
by kt-ichigoen | 2009-11-25 06:43 | いちご日記
ちゃくちゃくと準備が整ってきました2009秋
ブログを引っ越しました!新しいページは→こちら


朝晩はすっかり寒くなって冬らしくなってきました。。

いちごのハウスの準備がちゃくちゃくと整ってきました。
10月にお知らせできなかったので、作業内容を紹介します。

ハウスにビニールをかけました。全棟ひとつひとつ手でかけていきました。
ハウスの鉄骨に上って、手作りの道具を使います。
ビニールを広げているところで風がふいたら大変です042.gif
手を離すと一からやり直しになってしまいます。
タイミングを見計らって、仕事をすすめていかないといけませんでした。

いちごのうねにも黒マルチをはっていきました。
黒マルチを列に一枚づつ敷いていきます。そして苗が大きくなりきらないうちに黒マルチに小さく穴を空けて苗をそっと、出していきます。葉っぱの茎が折れるとその後の成長に影響がでるので慎重に。034.gif
穴に通し終わったとは地温が上がり過ぎないように、通路に被さる部分をたくして、うねにあげて、留めてあります。

もうちらほらいちごが実り始めました。
今年も1月2日の開園です。どうぞお楽しみに...040.gif
[PR]
by kt-ichigoen | 2009-11-19 00:02 | いちご日記