開園式の記事が南日本新聞に掲載されました
ブログを引っ越しました!新しいページは→こちら


1月5日(イチゴの日)に、今年も無事に開園式を行う事ができました001.gif
ご来園の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございます040.gif
開園式の様子を南日本新聞に掲載していただきましたので、ご紹介します。

これからも、片平観光農園では「さつまおとめ」にこだわっていきます066.gif

いちごの日 園児ら収穫
東市来で開園式

 日置市東市来町養母のこけけ王国観光イチゴ園「片平農園」が5日オープンし、近くの田代保育園児らが収穫を楽しんだ。
 毎年「イチゴの日」の語呂合わせで、1月5日に開園式を実施している。同市の宮路高光市長らがくす玉を割り、イチゴで乾杯をして開園を祝った。
 同園は県育成品種「さつまおとめ」を16アールで栽培。糖度が高く大玉で、来場者から高い評価を受けている。同品種の観光農園は「県内では珍しいのでは」という。園主の片平清美さん(56)は「さつまおとめは管理が難しく、県内生産量がなかなか伸びないが、全国に誇れる品質。この品種にこだわっていきたい」と話した。
 100g189円。入園は無料。5月末まで。片平農園=099(274)6183。
2010年1月10日 南日本新聞 朝刊より抜粋
c0125320_22122647.jpg

[PR]
by kt-ichigoen | 2010-01-12 22:23 | ラジオ・新聞・雑誌・テレビ情報
<< 開園式の様子です あけましておめでとうございます >>