いちごの実はどうやってできるのですか?
ブログを引っ越しました!新しいページは→こちら

いちごの実はどうやってできるのか?
いちごの実がなるまでを、写真入りで紹介したいと思います

034.gif1.いちごのつぼみ
枝の先につぼみがでてきます。


034.gif2.いちごの花
そして、花が開きます。真っ白な花びらです。
真ん中のところがめしべ、周りがおしべです。おしべの花粉がめしべにちゃんとつくと、きれいな形のいちごになります。花粉は自然の風やミツバチが運んでくれます。花粉がちゃんとつかなかったものは変な形のいちごになります005.gif


034.gif3.花びらが散ったあと
花びら散り、黄色い部分だけが残ります。


034.gif4.いちごの実(1)
だんだん膨れてきて、色も黄緑色になっていきます。種もはっきり見えるようになってきました。


034.gif5.いちごの実(2)
ここまでくると、いちごの形になってきました。


034.gif6.いちごの実(3)
そして、だんだん先のほうから赤くなってきます。


034.gif7.いちごの実(4)
額のところまで真っ赤になったら食べごろです。表面がてかてか光ってきたものが熟しています。


つぼみがでて、実になるまでの日数は品種と気温、日照時間によって異なります。
さがほのかは約40日、さつまおとめは約50日かかると言われています。
ただ、冬は寒くて日が短いので、日数がもっと長くなり、春は温かくて日が長くなってくるので、早くなります。
広いハウスの中では、たくさんの実がちょっとずつ、ずれて育っているので絶え間なくいちごがなっていきます。058.gif
[PR]
by kt-ichigoen | 2009-11-27 06:27 | いちご日記
<< いちごの出荷作業 冬支度 >>